当社のフォトリアル3DCG

BEYOND REALITY

”実写”を超える”フォトリアル”

実写を超えるフォトリアル

当社が目指す”フォトリアル”とは実写そのものではなく、実写を超えたリアリティです。
時には過剰な表現や疑似的な表現をすることで実写よりもリアルな結果を得ることができます。

ロケ場所の手配や撮影セット不要、
写真のような”リアル”を表現

フォトリアル3DCGならロケ場所の手配も大がかりなセットも必要なく、まるで写真のようなビジュアルが作成できます。さらに一度作ってしまえばアングルの修正もでき、少しの修正で別のビジュアルへの流用も可能です。

実物がなくても、
実物より”リアルな”CGを制作

まだ開発途中で実物がない場合でも、フォトリアル3DCGなら、まるで写真のようなリアルな表現でビジュアルを作成することができます。

実写では表現できない
インパクトのあるCGもより”リアル”に

実写では表現できない表現ができるのもCGの特長ですが、フォトリアル3DCGなら、よりリアルでより魅力的にできます。ファンタジーな表現、デフォルメ表現など無限の表現方法で商品を引き立てます。

根拠に基づいたビジュアル表現

  1. 1
    写真撮影の知識・技術を駆使して作る、フォトリアル3DCG

    写真撮影の知識・技術を駆使して作る、フォトリアル3DCG

    3DCGを「フォトリアル」に表現するには写真の知識・技術が不可欠です。

    写真で一番大切なのは”光”。あらゆる物の色、形状、素材感というのは光が当たることにより可視化されており”光をコントロールする”ことが出来栄えに直結します。

    さらに3DCG制作では頭の中でカメラを構える、という感覚が必要です。構図や物の見せ方は、実際に写真を撮る技術があるかないかで大きな差が生まれます。

    当社では写真の知識や技術を持ったスタッフのみがフォトリアル3DCGを作成しており、有名フォトコンテストでも入賞するスタッフも在籍しています。

  2. 2
    最新の技術を取り入れ、”CGデザイナー”としてCGを制作

    最新の技術を取り入れ、”CGデザイナー”としてCGを制作

    当社スタッフはCGアーティストやCGオペレーターではなく、”CGデザイナー”です。

    エンドユーザーを意識しない自己表現や単なるオペレーションでCGを制作することはありません。

    お客様が必要とするものが何か?といったことを考え、最良の表現を用いて最良の結果を出すことを常に意識してCG制作を行っています。

    さらには、国内のみならず海外からも最新の技術や情報を常日頃から取り入れており、技術力の高いスタッフがお客様の期待を超えるフォトリアルなCGを作成します。

  3. 3
    インテリア・建築の専門家が在籍

    インテリア・建築の専門家が在籍

    当社にあるインテリア部門にはインテリアデザイナーをはじめとするインテリア・建築の専門家が在籍しております。

    インテリア・建築のCGにおいて、建材や家具の知識、あるべきものをあるべき場所に配置する、といったことにおいては深いインテリア・建築の知識が必要です。

    当社では社内の専門家による助言によって、薄っぺらい表面的なビジュアルではなく、寸法性や整合性の取れたより”リアル”なビジュアルを作成することが可能です。

BACK TO TOP